健康のために必要なダイエットで考えるべきカロリー

MENU

健康のために必要なダイエットで考えるべきカロリー

ダイエットは摂取すべきカロリーなどをコントロールして、体重や体脂肪などを減らすようにします。それでもいくらコントロールをしても消費をしないことで体重が減ることもないために、摂取と消費両面で考える必要があるのです。

 

摂取面では食べるものを減らすといった単純なものによってカロリー数を減少させることが出来ますが、栄養が不足しては健康面での不安が残ってしまうために、カロリーを減らしつつも栄養を考えたものがダイエットではベストです。

 

また、摂取カロリーは食べるものによって調整することが出来ますが、消費面は人によって異なるために体重や年齢などを考慮して調整していかなくてはいけません。これは日頃どのような活動や仕事をしているかなどによっても異なり、活動的な人とそうでない人とでは違うのです。

 

このようにダイエットはカロリーの摂り方と消費環境を整えることで痩せることが出来るようになります。

 

Apple Watch 2を目指して、ダイエットランニング。

ダイエットの為にランニングを始める。

 

ランニングを始めるためにグッズをそろえたい。
Apple Watch 2が欲しい。

 

・・・トレーニングマシンを買うより高くつきそうなランニング。

 

でも、形から入るとテンション、モチベーションが上がって続けられるんじゃないかと思ってしまう。
と思いつつ、さすがにすぐに全ては手に入れられない。
とりあえずあるものだけを使って始めてみたランニング。

 

意外に大丈夫かと思いきや、起伏の多い地形が災いしてか、筋肉痛がしっかりあった。
でもこれは、筋肉が育っていく過程よね?

 

筋肉が育てば脂肪消費の体内サイクルが良くなるよね?

 

雨の日を除いて続けて2週間、体重に変化が無い。
でもこれはちょっと効果ありな気がする。

 

食事量によってすぐ変動していた体重が変化なく過ごせている。
カフェに立ち寄っていた時間をランニングにあてて、カフェで使っていたお金をApple Watch 2の為に貯金箱へ。

 

いま、ちょっと良いサイクルでダイエットできてます。

 

40代以上のダイエットはゆっくりと行う

歳を取ってからのダイエットは、長い目で見て行う必要があります。

 

40代以上になると、新陳代謝が低下しているため運動を行っても効果が表れにくくなってきます。体重があまり減ってくれないと、その時点で諦めてしまいがちですが、消費できるエネルギーが減っていることを自覚すれば、焦ることなくダイエットを行うことができるのです。

 

1か月に何キロも落とそうとするのではなく、緩やかなダイエットを行ってきましょう。

 

体に無理なく痩せることができれば、骨にかかる負担を軽減することもできるので、骨粗しょう症になってしまう心配もなくなってきます。

 

高齢になっても自分の足で歩き回ることができるので、将来のためにも栄養をしっかりと摂りながら痩せてみるとよいです。

 

ソイドルのお試しやモニターってあるの?

 

更新履歴